穀物が主原料のキャットフード、3つのおすすめポイント

穀物が主原料のキャットフード、3つのおすすめポイント

穀物が主原料のキャットフード、3つのおすすめポイント

おすすめできるポイント

キャットフードにはさまざまな原材料を使用して作られているのものがありますが、何を主原料にして作られているのかが選ぶ際に重要になります。主原料とはそのキャットフードを使用する際に一番多く使用されている原材料のことです。商品の裏側などに記載されている材料の一番初めに記載されているのが主材料になります。この主材料がキャットフードの中身を大きく変えることもあります。同じ味のものでも穀物が主原料のものと肉や魚が主原料のものでは味や栄養素が異なります。主原料に使用されるものとしてはとうもろこしの粉や小麦粉などがあります。キャットフードの中でもこうしたものを使用したものにはいくつかのおすすめできるポイントがあります。

一つめのポイントは値段が一般的に安いということです。猫の餌は使用している原材料によって価格も大きく異なってきますが、特に魚や肉などを多く原材料に使用しているものは値段がそれだけ高くなります。同じチキンや魚の味の商品であっても、魚や肉が主原料とは限らないわけです。そうした場合にはとうもろこしの粉などが多く使用されていることが多いのです。穀類が主原料のものは値段が安いので、猫の餌にお金をあまりかけられない人でも、安心して買い与えることができます。

二つ目のおすすめできるポイントとしては、穀類を主原料に使用している商品には豊富な種類のものが販売されていることです。猫はさまざまな味の好みを持っていますが、猫の食事の好みに合ったものを選んで与えることができます。三つ目のポイントは安くてもさまざまな猫に必要なさまざまな栄養が配合されているものが、最近は数多く販売されていることです。猫の健康を考慮してタンパク質やビタミンなども十分に配合されている商品もあるために、猫の健康を維持するのに役立ちます。

 

おすすめのキャットフードはこちら

 

どのような商品があるのか

穀物を主原料に使用したキャットフードとしてはねこ元気の複数ねこ用お魚とお肉のスペシャルブレンドという商品があります。この商品を製造する際に一番多く使用されているのがトウモロコシやコーングルテンミールなどの穀類です。その次に多く使用されているのが、チキンミールやポークミール、チキンエキスパウダーなどの肉類です。ですがこの商品には猫に必要なたんぱく質も30パーセント以上含まれているので、猫の健康にしっかりと配慮されています。

この商品は猫の健康を支える総合栄養食なので、ビタミンEも配合されています。ビタミンEは猫の免疫力をサポートするのに役立つ栄養素です。さらに猫の健康を考慮してビタミンB1やビタミンB2が多めに配合されているのも特徴になっています。猫が健康に暮らすためには欠かせない栄養素であるタウリンがしっかりと配合されているのもこの商品の特徴です。お魚とお肉のスペシャルブレンドは複数の猫にも与えられるように作られているので、猫を多く飼っている人などにも向いている商品です。年齢が高い猫が混じっている場合でも食べやすいように粒が薄くなっています。

また年老いた猫や小さな猫でも食べやすいように粒が小さめに作られているのも特徴です。丸いタイプの粒と四角いタイプの粒が一緒に入っています。また猫が病気にかかりやすい下部尿路の健康維持にも配慮しています。そのためにマグネシウムの量を調整して配合しています。また猫ができるだけ新鮮な餌を食べることができるように、中身が小分けされて梱包されているのも魅力です。開けたての餌を与えれば新鮮な風味の餌を猫に与えることができます。お魚とお肉のスペシャルブレンドはこのように穀類が主原料として使用されていますが、猫の健康に配慮してさまざまな栄養素が配合されているので、猫の健康維持に貢献できるようになっています。