キャットフードの賞味期限、安全なものは短い

キャットフードの賞味期限、安全なものは短い

キャットフードの賞味期限、安全なものは短い

長期保存が可能なキャットフードの盲点

キャットフードでドライのタイプは、特に油脂を使用しています。この油脂が酸化をしてしまうのを防ぐために使われているのが酸化防止剤です。また、長期保存が可能な賞味期限になっている商品は、防腐剤も不可欠です。

特に、国産に比べて輸入品では船便での流通システムのため、長期間の保存に耐えうるために使用もそれだけ多くなってしまいます。このような薬剤だけではなくさらに香料や着色料などの添加物を使用しているキャットフードは、猫の健康への配慮からすれば安全性に疑問があります。したがって、短い賞味期限になっているキャットフードであれば、それだけ薬剤や添加物の配合が少ないので安心感が増します。

 

原材料表示の確認が重要

キャットフードを購入する際には、出来るだけ賞味期限が短いものが安全であると言えます。さらに、確認の意味でも原材料表示を読んでみるようにしましょう。ここで防腐剤や添加物などが記載されているのであれば、配合が少ないものを探すとか、国産の商品を探すとか工夫が出来るようになります。

添加物が出来るだけ少ないものを探すためにも原材料表示を確認して、出来るだけ期限の短い商品を見つけるようにすれば、猫の食生活でも安全であり安心して与えられるようになります。単に値段の安さで選んでしまうと猫にとって有害な添加物も同時に与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。