キャットフードを安全に保管する方法

キャットフードを安全に保管する方法

キャットフードを安全に保管する方法
h4>ウエットタイプのキャットフードの保管方法
ウエットタイプのキャットフードは多くの猫が好むフードと言われています。しかし、ウエットタイプは水分が多く含まれているため、保管には気ぞ付けなければいけません。開封前なら大丈夫だと思ってはいけません。

開封前でも冷暗所で保管し激しい温度変化の環境は避ける必要があります。開封後はなるべくその日に食べきるようにすることが大切です。開封後に放置してしまうと劣化し極端に安全性が低下してしまいます。残ってしまいその日に食べきることができない場合は密封性の高い容器に入れ冷凍保存するようにしましょう。

 

ドライタイプのキャットフードの保管方法

ドライタイプのキャットフードはウエットタイプに比べて防腐剤や添加物が多く含まれていることが多いため、傷んだり腐ったりすることはあまりありません。しかし、最近では防腐剤や添付剤を使用せず無添加のフードも増えてきているため保管方法には気をつける必要があります。

ドライタイプの場合もウエットタイプと同様に真空パックに容器などに入れて保管すると長持ちします。冷暗所での保管が望ましいですが、冷蔵庫に入れると結露してしまうため冷蔵庫での保管は避けましょう。ドライタイプも開封したら早めに食べることが大切なので大量に買いすぎないことも大切です。