キャットフードは値段によってどう違う?

キャットフードは値段によってどう違う?

キャットフードは値段によってどう違う?

キャットフードの値段による違い

キャットフードの値段はピンからキリまであります。数百円単位でスーパーで購入が出来てしまうものもあれば、専用のお店でしか買えない数千円単位するものまであります。何が違うかというと入っているものが違います。

某防腐剤や着色料などの有害なものが安いキャットフードには入っています。なので、病気になりやすく結果的に長生きをしなくなってしまうのです。防ぐためには無添加のものを愛猫にはあげるようにしましょう。高ければ良いというものではありませんが添加物には注意をしてあげる必要があります。あの小さな体なので、添加物は命取りです。

 

原材料の確認を怠らない

飼い主としてキャットフードの原材料の確認は怠ってはいけません。猫はそもそも肉食でタンパク質がキャットフードには多く含まれています。それが、安いものだと人工的に作られたものの可能性があります。また、原材料の確認をする時に添加物の確認も行うようにしましょう。なるべく無添加のものが良いのですが、無添加のものは賞味期限や消費期限が早いので、管理が大変になってしまいます。

しかし、愛猫のため、なるべく努力をして餌は選ぶことをお薦めします。病気になってからでは遅いですし、気をつけてあげればもしもの時が起こる可能性も減ります。